出張ついでに伏見稲荷で一人で( ゚∀゚)ヒャッハー!!してきた

写真 12-08-07 9 10 56写真 12-08-07 9 13 10

初!伏見稲荷! テンションが上りますね!!
この日はクソ暑かったので、日の沈む夕方を狙って行きました、ら、ガラガラだったw 平日だしねw
札売り所なども閉まっていましたが^p^、空いてて涼しくて良かったなー

写真 12-08-07 9 14 16写真 12-08-07 9 15 23

お狐さまパシャパシャ。主門?は鍵みたいなのを咥えていた!
なんで鍵なのかなーとちょこっと調べた↓
 伏見稲荷大社発行の『稲荷の信仰』には「玉鍵の信仰」という一項があります。
 それによれば、玉は稲荷神の霊徳の象徴です。また、鍵は「そのみたまを、身につけようとする願望の象です」


あと狛犬と一緒に居たのもあって、なんでやねん感www 伏見も社寺一緒にしてたのでしょうかね。

写真 12-07-26 18 20 09写真 12-07-26 18 26 24

境内に小さな社がいっぱいあって、それぞれ神様が違うらしい。
イザナミさんはまさかの奥さんのみ採用!w 天照大神は、ここでは男性神なのかな?
神様探すのも面白かった(*´∀`)

写真 12-07-26 19 10 29写真 12-08-07 9 17 47

そして有名ドコロ! 千本鳥居!!*・゜゚・*:.。..。.:*・゜(゚∀゚)゚・*:.。. .。.:*・゜゚・*!!!!
本山に進むと鳥居が立ち並んでおります。鳥居を寄進して願掛けするんですね!
あたらしー俗っぽい色で、関西テレビとかもあったw

主に赤なんだけど、たまに塗られてない石だけのもある!
そして山の中で、夕方で、人気なくて、雨ふりそうで、雷ゴロゴロしてて、辺り暗くて、雰囲気ありすぎて……
めっちゃ怖かったですwwwwwww

↓これなんか加工しすぎてホラーだよ!ww
写真 12-07-26 19 09 31

写真 12-08-07 9 19 00

中腹には湖が! もっと上にも登れたけど、一周する時間が全くなかった(あと怖かった)ので、ここらで下山。
下山途中も鳥居やら小さな社(寄進)やらすげーいっぱいで、もう一歩歩いたら神様にぶつかるレベルです。
そんで、社の隣に急に民家あったりw、マラソンコースにしてる人いたり、鳥居の真ん中で腕立伏せしてる謎外人いたりwww、妙に生活の一部になってて、それも面白かったwwww

写真 12-07-26 19 18 54

帰りの京都タワー!! 一人楽しすぎるぜー!!

あと、最後におみやげ。ついったで「平安時代の唐菓子食えるぜー!!( ゚∀゚)ヒャッハー!!」て教えてもらったので、速攻買ってみた!!
写真 12-08-07 9 08 12写真 12-08-07 9 09 10

 唐菓子とは「からくだもの」と呼ばれ、仏教と共に我国へ伝わり、天台宗、真言宗などの密教のお供えもので、当時は、とても一般庶民は口にすることは出来ず、貴族のみに与えられたものであります。
 七種の香を入れて包み、そのほのかな神秘な香は仏教で言う「清め」の意であり、八つの結びは八葉の蓮華をあらわし、形は金袋になぞらえ、たぎった上質の胡麻油で、揚げてあります。

なんて素敵にジャパネスクの瑠璃姫とか、平安時代のお姫様がよく食ってる謎のお菓子ですよ!!

お香がウンタラ…とあったので、臭いのかなーwと思ったんだけど、そこはさすが日本の和菓子職人。あんこと夢のコラボレーションをしておりまして、香りはするのですがしっかり美味しかった!
ほんと香水みたいな、お香みたいな匂いなんだけどね、味の邪魔はしないんだね。すげー。あんこすげー。


というわけで、京都楽しかったなー。
今度はもっとゆっくり、夏じゃない時期に行きたいなーwww